図解FXのはじめ方~画面で見る~

「FX(外国為替証拠金取引)は分かったけど、取引ってどうすれでできるの?」
そんなあなたに取引画面の基本的なツールや見方を図解でレクチャー!

基本的な用語

FX管理画面イメージ

※ 取引画面のレイアウト・ツールはFX会社によって異なります。 ※ こちらでは基本的なツールや取引の流れをご説明しています。

■ ①通貨ペア

FXを行う時の通過の組み合わせです。
基本的な通貨のペアは8種類となり、画面内の組み合わせは以下となります。

USDJPY 米ドル/円
EURJPY ユーロ/円
GBPJPY 英ポンド/円
NZYJPY NZドル/円
ZARJPY 南アフリカ ランド/円
EURUSD ユーロ/ドル
USDCHF 米ドル/スイスフラン

ポイント

FXを行う際は通貨ペアが重要となります。基本は、以下となります。

  1. 米ドルと円を組み合わせる→「ドルストレート
  2. 米ドル以外の外貨を組み合わせる→「クロス円
  3. 円以外の外貨同士を組み合わせる→「他通貨ペア
初心者の方は「ドルストレート」がおすすめ。
アメリカと日本は経済ニュースでも頻繁に取り上げられ情報が得やすいのが特徴です。
■ ②各用語
Bid/Ask 売値/買値です。実際の取引は、この2つの数値の推移を見ながら行います。
前日終値比 その日最後に売買が成立したときの価格と前日の終値との差額を比較した値
Bid High 当日の取引開始時から現時点までの売値レートの最高値(Askの場合も同じ)
Bid Low 当日の取引開始時から現時点までの売値レートの最安値(Askの場合も同じ)
売/買Swap(円) 売/買で1日当たりいくら支払うか表示されるスワップポイント ※付与される売/買Swapは、当日のニューヨーク時間午後5時(東京時間朝6時、米国冬時間の場合は朝7時)に表示。
注文タイプ
「成行」
提示されているレートを参考レートとして、価格を指定せずに注文する。 レートの変動により、予想外に高い(あるいは安い)価格で成立することがある。
注文タイプ
「指値」
売買注文を出すレートを指定する注文。指定するレートは、発注時のレートと比べ有利なレート(売り注文では「高い」買い注文では「安い」レート)での指定になる。
注文タイプ
「逆指値」
発注時のレートと比べて不利なレート(売り注文では「安い」、買い注文では「高い」レート)での指定。損失拡大防止の為の「売り」や上昇中の銘柄の「買い」に使う。
注文タイプ
「IFD」
「Aという注文をセットし、その注文が成立したら、Bという注文を自動的に発注する」 という流れ。常に取引画面を見ていられないが、決済注文まで価格を設定しておきたい場合に有効。
注文タイプ
「OCO」
種類の異なる二種類の注文を出し、そのうち一方が成立すると、もう一方の注文がキャンセルされる。「利益確定と損失限定を同時に行う」という注文方法。
注文タイプ
「IFD-OCO」
新規注文Aとその注文が成立した場合、Aに対する建玉の決済注文二種類(利益確定注文Bと損失限定注文C)同時に出す方法。

まずは基本!その①「成行注文」

FXは「売り」と「買い」2種類の取引方法があります。
初心者はまず「買い」から始めるのがおすすめ!!
「安く買って・高く売る」 これがFX(外国為替証拠金取引)の大原則!!

■ 成行注文 例:1万米ドルを「買」
  1. <手順>
  2. ① 新規注文でUSDJPY通貨ペアを選択
  3. ② 注文数を選択(1=1万通貨)
  4. ③ 取引数量に「1」と入力
  5. ④ 許容スリッページを入力※1
  6. ⑤ 「買」を押して確認画面を見て注文終了※2

※1 注文レートと実際に約定したレートとの差の許容幅。 クリックした瞬間に表示されていた取引レートと、その注文情報が業者のサーバーに到達した時点の取引レートとのポイントの差が、設定したスリッページの許容幅に収まる場合、乖離の方向にかかわらず全ての注文が約定。

※2 注文直前のレートは注文情報が業者のサーバーに到達するまでに変動する場合があります。

FX管理画面イメージ FX管理画面イメージ
  1. その②「指値・逆指値注文」
  2. その③「IFD注文」
  3. その④「OCO注文」
  4. その⑤「IFD-OCO注文」
■ 成行注文 例:1万米ドルを「売」
  1. <手順>
  2. ①「①」のように円安が続き、当初の買値よりも売値が上がり「決済」する事に。
  3. ②決済注文を選択し「成行注文」を選択。
  4. ③レートを確認しよければ注文を選択。
  5. ④決済完了
<今回の利益について>
購入通貨 1万米ドル
「買」のレート 109.38(1,093,800円)
「売」のレート 109.40(1,094,000円)
手数料 0円(クリック証券)
利益 200円

本来はレートの流れや情勢を読んで、もっと大きく利益を上げられるますが、基本的にはこのように「安く買って高く売る」というのがFXの大原則です。

さらに、手数料がかかる業者の場合等は下のように計算すると最低いくらで「売」にすれば利益が上がるかが把握できます。

<利益が確定するBitレート>
(「買」のレート【円】×取引数)+手数料=A
A÷取引数=利益が確定するBitレート

スワップポイントの発生について

金利として受払されるスワップポイントは、即日決済の取引では発生しません。買った通貨を決済せずに翌日に持ち越す(ロールオーバーといいます)と初めて「スワップポイント」が発生します。

スワップポイントを狙ってFXを始める方は注意してください。 ちなみに、ロールオーバーはニューヨーク時間の15時(日本時間の5時 夏時間は4時)過ぎに行なわれますが、通貨ペア・日によって時間帯は異なります。

  • FXのスゴイところ
  • FXの仕組み
  • 図解FXのはじめ方
  • FXの注意点
  • いざ口座開設!比較「FX会社」

初心者にもおすすめ!-FX会社徹底比較-

いざ口座開設!

フォーランドフォレックス
フォーランドフォレックス
格安コスト×高次元の約定力が魅力★現在、最大200,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!
インヴァスト証券
インヴァスト証券
業界最安水準の低コストでお取引。スプレッド原則固定/ドル円【0.6銭】ユーロドル【0.6pips】など!
マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
インターネット取引・口座開設・出金・ロスカットなどの手数料が無料!さらに証拠金100円から取引を開始できる「パートナーズFXnano」もあり、初心者にもオススメ!

他多数!・・・詳しい解説はこちら >>

~FXの注文方法などの取引方法を図解で説明!~図解でわかるFXガイド